ハーレーカスタムワールド ≫ イベント&メディア

海外視察 Arlen Ness(アレンネス)

_X2I0809
少し前になりますが弊社視察部隊が海外メーカーを訪問してきました。その時の様子や新商品など現地の最新情報をレポートします。第一弾はArlen Ness(アレンネス)です。

_X2I0817 _X2I0821 _X2I0818
_X2I0828

サンフランシスコ郊外のダブリンにあるアレンネス社に到着するとアレンネス氏を筆頭に、現社長のコリーネス氏、アレンネス氏の孫であるザックネス氏の豪華な顔ぶれが出迎えてくれました。会社の1階はインディアンやヴィクトリーを中心とした車両とネス商品やアパレルなどが整然と展示・販売されていました。

_X2I0875 _X2I0893
IMG_2900 IMG_2901 IMG_2903 IMG_2902

早速オフィスに案内してもらい、V-TWIN Expoのレポートでも紹介した新作ホイールの説明を受けました。スポークからハブまでの流れるラインが革新的で強度を増すため専用のハブが組み込まれています。またテーパー状のハブは先端部分と2分割になっておりどこから見ても立体的な造形になっています。他にも新作デザインをラインナップ予定とのことで今から楽しみです。

_X2I0897
70_700_00L_X2I0909

続いては広大なバックヤードを案内してもらいました。その一角に昨年新たに登場したガスタンクが山積みにされていました。昨年末よりようやく供給が開始され、早くも人気商品になっています。6ガロンと純正と同じ容量ですが、シート付近はグッと絞られており快適な操作性が実現されています。

 IMG_2925 IMG_2927 IMG_2926
IMG_2929
_X2I0962 _X2I0970

貴重な開発エリアにも案内してもらいました。現在開発中のパーツを色々と教えてもらいました。お待ちの方も多くいるであろう、ミルウォーキーエイト用エアクリーナーも勿論そのひとつですが、純正フェンダーを使用するフェンダーカバーや端が斜めにカットされたツアーパックなど、これからが楽しみな商品がたくさんありました。

_X2I0986
_X2I0996 _X2I1005 _X2I1006
_X2I1034 _X2I1036
IMG_2935 IMG_2957 IMG_2958 IMG_2955

広大なスペースには数多くの車両が並び、中にはザックネス氏が16歳で作り上げたカスタムバイクやヘリコプターのエンジンを搭載したバイク、TVや雑誌などに掲載された貴重なバイクもあり、本人自ら丁寧に説明して貰いました。アレンネス社では、インディアンを中心とした車両の販売やカスタム制作などもおこなっており、そこで得た知識やノウハウをすぐに商品開発に応用出来ることが強みだと感じました。ネスパーツをふんだんに取り入れたインディアンスカウトも見ることが出来ました。

_X2I1187
_X2I1062  _X2I1063  _X2I1071  _X2I1075  _X2I1081
_X2I1083  _X2I1085  _X2I1086  _X2I1087  _X2I1090
_X2I1094  _X2I1105  _X2I1107  _X2I1128  _X2I1134

2階はまさに博物館ともいえるアレンネス社の歴代の名車と数々のトロフィーが所狭しと展示されていました。ハーレーのカスタムを芸術の域まで持ち上げたアレンネス社の功績がうかがえ、時間がいくつあっても足りないくらいです。スペースの一角に新商品である14年以降ツーリング用10ゲージのスピーカーグリルやフェアリングなども展示されていました。そして、2017年カタログはデータが完成し印刷段階に入っているとのこと。今から手元に届くのが待ち遠しいです。

_X2I0935 _X2I0929
_X2I0938

アレンネス氏自ら制作中だというカスタムバイクも紹介してもらいました。御年77歳ですがカスタムへの情熱は衰えること無く、目を輝かせて説明してくれるアレンネス氏の姿に感動すら覚えました。その隣に並ぶ車両が孫であるザックネス氏が制作中のスポーティーなカスタムバイクもシビれました。

IMG_2878

アレンネス社があまたのカスタムパーツメーカーと異なるのは、スタイルは時代につれ変われど、アレンネス氏のカスタムへの飽くなき情熱と遊び心が確実に次世代に引き継がれているからだろうと感じました。

_X2I1196 _X2I1199

会社訪問の後はアレンネス氏の豪邸で美味しいディナーを共にしました。
海外視察レポートは第二弾に続きます。