ハーレーカスタムワールド ≫ イベント&メディア

海外視察 Performance Machine(パフォーマンスマシン)

_X2I1315
海外視察レポートの第二弾。ロサンゼルス郊外のラ・パルマにあるPerformance Machine(パフォーマンスマシン)本社を訪問しました。今回はその時の様子をレポートします。

_X2I1322 _X2I1325

社長であるロビン氏、営業スタッフであるアナ氏、日本人の開発スタッフであるジュン氏などのスタッフさんに案内をしてもらいました。オフィスを通り抜けると、広々とした工場が目の前に広がります。世界中に供給されるパフォーマンスマシンの製品がここで作られています。

_X2I1334
_X2I1339 _X2I1341 _X2I1342
_X2I1327 _X2I1346

まず目に飛び込んでくるのは加工前の鍛造ホイール。米国で作られるアフターマーケットホイールのおよそ6割がパフォーマンス製とのこと。OEMや外注商品なども制作しているので、よく見ると他ブランドのホイールも見受けられました。ホイールはほとんどが受注生産で注文を受けてから制作が始まります。

_X2I1349 _X2I1353 _X2I1357
_X2I1360 _X2I1363

マシニングの工程です。山積みにされているカムカバーとロッカーカバー。見学した時はちょうどリアマスターシリンダーのマシニングが行われていました。

_X2I1436
_X2I1430 _X2I1432 _X2I1424
_X2I1428 _X2I1422

次は検査室。ロッド生産されるのですがその最初と最後には必ず検査を行うとのこと。ちょうど検査中だったリアマスターシリンダーは検査項目が50点以上あるとのこと。パフォーマンスマシンの高いクオリティの真髄が垣間見えました。

_X2I1437 _X2I1442
_X2I1455
_X2I1451 _X2I1458

続きましてはホイール検査ブースへ。ホイールが市場に出る前には必ず4つの工程による強度テストが行われています。「ねじり負荷テスト」、「衝撃テスト」、「側面負荷テスト」、「ラジアル負荷テスト」と同じホイールで全てのテストを行い、その強度を調べていきます。このテストを無事クリアしたホイールのみが市場に出回るのです。PMの検査基準は、日本の規格であるJWLやヨーロッパ規格のTUVよりも高いとのことです。

_X2I1484
_X2I1472 _X2I1479 _X2I1493 _X2I1499
_X2I1469 _X2I1470
_X2I1481

続いてはポリッシュ加工室です。クロムと見間違える程キレイなパフォーマンスマシンのポリッシュ加工は、熟練の職人さんによりひとつひとつ加工されています。この職人さんがいなくなったらパフォーマンスマシンもないだろうと言うほど、ある意味パフォーマンスマシンの心臓部と言えるところです。

IMG_3134
IMG_3135 IMG_3137
IMG_3141
_X2I1505 _X2I1510 _X2I1531

ホイールのコントラストカット加工がされていました。最新デザインであるギャラクシーも次の工程を待っています。このギャラクシーはかなり複雑なデザイン故、高い品質を保つには苦労がいるそうです。

 IMG_3157 IMG_3150
_X2I1536
IMG_3197 IMG_3218 IMG_3227
IMG_3239 IMG_3237
IMG_3244

天井付近まで組まれた棚には多くの完成品が積まれていました。そこから出荷場を抜けて貴重な開発部門を案内してもらいました。ミルウォーキーエイト用エアクリーナーの試作段階も大詰めとのこと。K&N特注エアフィルターを使用し、パフォーマンスマシンならではの工夫も施される予定とのこと。さらに同じオフィスではプログレッシブやバーリーの商品開発も兼ねており、お互いに技術を共有出来るので開発効率が上がったとのことでした。

IMG_3038

海外へ生産拠点を移すメーカーも多いなか、頑なにメイドインUSAの自社生産にこだわるパフォーマンスマシン。やはりパフォーマンスマシンがアフターマーケットのナンバーワンブランドであることを再認識しました。そして視察レポートは第三弾に続きます。