ハーレーカスタムワールド ≫ イベント&メディア

アメリカ Daytona Bike Week 2018視察(2018年3月10-12日) Visited Daytona Bike Week 2018 in Daytona beach(May.10-12,2018) with our dealers

P1070313
アメリカの大規模バイクラリー、デイトナバイクウィーク。

P1070314 P1070318

アメリカ合衆国フロリダ州にあるデイトナビーチ。フロリダ半島東海岸に広がるデイトナビーチの砂浜は固く、自動車で走るのにもってこいの場所でした。デイトナインターナショナルスピードウェイが建てられるまではその砂浜で盛んにレースが行われ、モータースポーツの町として知られるようになります。

P1070315 P1070316 P1070318
P1070324 P1070325

そんなデイトナビーチで年に一度、暖かい日差しを求めて多くのバイクとバイカーが一斉に集まるイベント、それがデイトナバイクウィークです。3/9-18の計10日間開催しているこのイベントは今年で77回目を数え、多くのモーターサイクルファンを迎えます。

P1070327
P1070331 P1070333
P1070335 P1070336 P1070337

バイクウィーク期間中は様々な場所でイベントが催されています。メインストリートは昼も夜もバイクと人でごった返しています。デイトナインターナショナルスピードウェイではハーレーダビッドソンがディーラーブースを展開。車両展示、デモライドはもちろん、タトゥショップ、靴磨き、スタントパフォーマンス等行われます。

P1070363
P1070364 P1070365 P1070366

他にもクリアキンが大規模ブースを構え多くの商品を展示。購入した部品はリフトに工具が完備された隣のテントで取り付け出来るサービスもあります。

P1070368 P1070369 P1070370 P1070372
P1070373 P1070374 P1070375 P1070376
P1070377 P1070378 P1070379 P1070380
P1070381 P1070382 P1070390 P1070393

Drag Specialties で取扱いのあるCiro、エアサスのArnott、シートメーカーのMustang、ダイヤモンドカットのカバーが目を引くCovingtons、バガースタイルを牽引するPaul Yaffe、エキゾーストメーカーVance & Hines等カスタムパーツメーカーも多く出展。

P1070402 P1070403

日本であれば、バイクは駐輪場に入れてエリアが分けられる事が多いですが、ここではイベントブースの中にあるスペースに駐車するスタイル。何故そうなのかは分かりませんが、ライダーの為のイベントという仕組みが素晴らしい。

P1070389

日中は半袖1枚で汗ばむ陽気。この環境、この天気はバイカーで無くてもいい気分です。

P1070404 P1070406

さて近くのコンビニを通りかかれば見覚えにあるストレッチされたフェンダーにサドルバッグ。ポイントはテールライト。どこのメーカーか分かりますか?

P1070422 P1070423
P1070424 P1070425 P1070426
P1070431 P1070434

少し移動してデイトナフリーマーケット内で行われるスワップミートへ向かいます。スワップミートはデイトナスピードウェイとは違い、バンドの演奏が流れ、リラックスした雰囲気。
バイクの部品、アパレル、アクセサリーなどあり、ゆったりした時間が流れています。
 
P1070441
P1070442 P1070443
 
夜は再びデイトナスピードウェイへ、2018モンスターエナジースーパークロスの観戦です。スピードウェイの中からスタンドを見上げるとその大きさに圧倒されます。バイクがものすごいスピードで山をジャンプし、コーナーをクリアしていくレースは興奮の連続。決勝も手に汗握るデットヒート。そしてモータースポーツが盛んなだけ合ってお客さんの盛り上がりも違います。楽しみ方が身についてます。決勝レース後コースの中に入れますが、ここを走ってたのか…と思うと凄さを実感できます。
 
P1070452 P1070453 P1070462
P1070457 P1070463 P1070464 P1070472
P1070465 P1070466
P1070477 P1070476 P1070475

デイトナビーチから30分ほど北へ向かった所にあるディスティネーションデイトナ。ここでも多くのメーカーブースが並んでいます。Performance MachineのテントではBurly BrandRoland Sands Designのプロダクトも展示。近くのテントではProgressive Suspensionもブースもありました。ここでも購入して取り付けができるようにリフトや工具を持ち込んでます。Vance & Hinesは実際にエキゾーストの取り付いた車両のエンジンを掛けて、音を聞かせてくれました。

P1070481 P1070482 P1070483 P1070485
P1070494 P1070495 P1070496
P1070499 P1070498 P1070500 P1070506
P1070531 P1070532
P1070530 P1070537 P1070538
P1070533 P1070527 P1070534 P1070536
P1070539 P1070540 P1070541
P1070517 P1070518 P1070523 P1070549

他にもデイトナバイクウィークの期間だけで300~400台近く販売するブルースロスメイヤーハーレーダビッドソン、エンジン関係の部品を供給するS&S、LEDヘッドライトのJ.W Speaker、近年ハーレーのエキゾーストに参入したMagna Flow、エンジン関係のパフォーマンス部品メーカーT-Man Performance、エキゾーストメーカーRinehart、トランスミッション関係のBaker、ビレットホイールをメインとするRC Components、2-1エキゾーストが人気なD&D Exhaust、ファットスポーク&ビレットホイールのSinister Wheel、パーツサプライヤーDrag Specialties等、多くのメーカーとサプライヤーがブースを賑わせています。Arlen Nessのブースにはニューデザインのホイールやミラーなどを展示。
 
IMG_8070

バイカーご用達のバーIron Horse Saloonでは多くのバイカーが集まり各々楽しんでいます。紹介できたデイトナバイクウィークはほんの一部です。機会があればアメリカンなこのイベントを体感してもらいたい。

P1070546 P1070467

日本から遠い道のりでしたが、アメリカのハーレー文化の一旦を垣間見ることができた楽しい旅となりました。ご一緒させて頂いた皆様、誠にありがとうございました。

1490438423_social-instagram-new-square2 1490437819_social-facebook-square2