VENDOR’S LIST

取扱いメーカー

レムス(REMUS)

レムス

 

Remus(レムス)は1990年、オーストリアで創業されたエキゾーストメーカーです。

5人のスタッフでスタートを切ったレムス。

今日では多くのタイプのエキゾーストシステムの開発・供給を行い、世界60カ国以上に製品を供給しています。

レムスは自社で製品の研究開発センターを持ち、最先端の技術を駆使して、世界市場で最高の品質を確保しています。

History

「不可能を可能にした。」レムスの成長はそのような言葉で表しても過言ではありません。

5人のスタッフは生産ホールを完成させ、生産を開始。

午前中に製品の生産を行い、昼食時、夕方には製品の研究開発に取り組み、
新たなスタッフを養成し、生産技術を最適化していきました。

そうした弛まぬ努力によりレムスは成功の道を歩み初め、現在も止まることはありません。

レムスは5年以下でスポーツエキゾースト製造における世界的リーダーになることを目指し飛躍していきました。

生産エリアは年々増加し、その面積は1999年春に12,000㎡に達しました。

2002年には新しい研究開発センターが開発されました。

2006年には約5,000㎡の生産エリアを備えた新ホールが設立され、
様々な市場や顧客の要求に応える最先端の物流センターも完備されました。

今日、エンドユーザーだけでなく多くのメーカーに製品を供給しているレムス。

その製品は世界60カ国以上に輸出されています。

Production

レムスは最先端の最新技術を駆使して世界市場で最高レベルの品質を確保しています。

レーザー切断マシン、ハイドロフォーミング、CNCコントロールパイプベンディングマシンなどの
最新機械は特別な加工技術を可能にし、優れたデザインとハイクオリティな製品を保証します。

レムスのエキゾースト製造プロセスではロボットが重要な役割を果たします。

勿論レムスで働くスタッフの優れたノウハウは製造プロセスの必須要素であり、
最新テクノロジーと組み合わされたそれは優れた製品を生み出す基盤となります。

またレムスは自動車業界で必要とされるISO 9001 , ISO 14001 , さらにはISO/TS 16949 などの認定を受けています。

Research And Development

研究開発部門はレムスにおいて重要な要素です。

最高レベルのエキゾーストシステムは「Acoustic」、「Thermal」、
「Mechanical properties」の組み合わせにより生み出されます。

研究開発チームのノウハウ、2002年に設立された新しい研究開発センターがこのセクターにおける成功のベースとなっています。

サウンドデザイン部門では様々な顧客の要求に合わせて開発された

エキゾーストサウンドを測定し検証する技術があります。

このレムス研究開発センターの中心は車とバイクの様々なパラメーターをシミュレート出来る
4輪駆動ダイナモメーターを完備したサウンドテスト場です。

ここには合法車両から発生し路面に反射された騒音を測定することも可能です。

これにより全ての研究開発プロセスを自社内で実行することが可能になっています。